高濃度ビタミンC、疲労回復点滴|横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

点滴・注射/高濃度ビタミンC点滴

点滴・注射Photo m22

  • 美肌
  • 疲労回復

対象となるお悩み

  • にきびや吹出物ができやすい方
  • 疲労感が抜けない方
  • しみが気になる
  • お肌の老化が気になる方
  • 肌荒れが気になる方
  • 肌のハリの衰えが気になる

点滴・注射のメリット

点滴、注射のメリットは何でしょう?
一番は必要なものを血管に直接投与できるということと特に高濃度で投与出来るということです。直接血管にはいれば、濃度を保って各臓器、細胞にいきわたりやすく、もちろん効果もでやすいと考えられます。これは飲み薬ではできません。もちろん、自分で決めたサプリメントを飲むのとは異なり、医療という場で行うものですので、個人にあったものを医師が検討して体に入れられるというメリットがあります。もちろん他の施術と一緒に受けることも可能です。

ビタミンCと高濃度ビタミンC点滴について

ビタミンCの抗酸化作用は昔から言われている作用ですが、現在この抗酸化作用を利用してあらゆる場面でビタミンCが使われるようになりました。

そもそも『ビタミンC』は体にとってどのようなものでしょうか?

ビタミンCは体の中では合成できないものなので、摂取する必要があります。体内貯蔵量は通常の食事であれば1500mgほど。サプリメントを使用している人で4500㎎ほどが貯蔵されているようです。しかし必要量はもっと多いとのことです。
この必要量は、何か体の中に病変、ストレスがあると当然増加、消費される量が増えていきます。必要量以上に摂取すると腸管内に出されていきます。多く取る事は決して無駄ではありません。これでおなかが緩くなることもありますが、腸内の発がん物質の生成を防いだり、乳酸菌を元気にするといった働きもあります。
また尿への排出もあり、こちらも尿路感染症を防ぐ、発がん物質の生成を抑える、アルカリ尿でできやすい結石をふせぐなど、無駄がないのです。通常、代謝で使われるのは50㎎(サプリを飲んでいると300㎎)ほどで、病気になるとこれが2、3倍と必要になっていきます。

ビタミンCは体でどのような作用があるかというと

タンパク、コラーゲンの合成に働き、皮膚、血管などを強くする
メラニン生成阻害によりしみを防ぐ
抗酸化作用、ビタミンEの還元作用
動脈硬化防止
疲労回復
発がん物質の生成抑制
白血球の働きをよくし免疫力をあげる
鉄、銅などのミネラルの吸収をよくする、ヘモグロビンの合成を助けるがん治療

などです。
ここでご紹介した作用のほかにも何十という大切な働きにかかわっています。

ビタミンCはとにかく体に必要なものであり、さらに過剰に投与することで薬理効果がでるのではということで、高濃度ビタミンの研究がなされてきました。この一つに高濃度ビタミンCの抗ガン作用があるのです。
ビタミンCは自分が酸化されることで抗酸化作用を発揮しますが、その際に大量の過酸化水素を発生します、正常な細胞は過酸化水素を中和する能力を持っていますが、癌細胞はそれがなく、死んでしまうのです。これはウイルス感染症にも役に立つようです。また副作用がないのが特徴です。

この高濃度ビタミンCを美容として考えた場合、抗酸化作用、メラニン合成阻害、コラーゲン生成関与あたりがかかわってくるとこで、どれにしても重要です。つまり、美容でご相談されるシミ、しわ、たるみ、くすみなどをカバーできると考えています。当院では1回25g投与を行っています。

※DAE HAN NEW PHARMA社製剤を使用。独自の調査にて、ビタミンC含有量など品質に問題ないことを確認しております。

グルタチオン療法

グルタチオンはもともと体の細胞内に多く存在する抗酸化物質(活性酸素を除去する)で、加齢で減少していきます。グルタチオンは細胞内で「還元型グルタチオン」という型で存在し、3つのアミノ酸からなります。その一つにチオール基があり、それが解毒、抗酸化作用を呈します。
医療では『タチオン』というお薬があり、薬物中毒、湿疹、蕁麻疹、炎症後色素沈着、妊娠悪阻、妊娠中毒、放射線による白血球減少症、口腔粘膜の炎症に保険適応されています。

グルタチオン療法は点滴でグルタチオンを多く投与する治療法です。
お肌の効果としては湿疹、皮膚炎、特にアトピー性皮膚炎に効果があるとみています。その他には炎症後色素沈着、全身倦怠感、パーキンソン病(南フロリダ大学で臨床研究中)、化学物質の暴露、重金属デトックス、風邪の初期症状などに適応があるといわれています。

※グルタチオン療法はビタミンC点滴との併用はできません。

マイヤーズカクテル

マイヤーズ・カクテルは人間に必要なビタミン、ミネラルを点滴投与する治療法で、血中濃度を急速に上昇させることで薬理学的な効果を期待する治療法です。メリーランド州で開業していたマイヤーズ医師が30年以上に渡り喘息、慢性疲労などをビタミン、ミネラルで点滴治療していたものを1980年代にゲイビー医師が再現したものです。

投与する内容はビタミンB1,2,3,5,6,12,ビタミンCで、適応には喘息、偏頭痛、疲労、慢性蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、甲状腺機能亢進症、生理不順、繊維筋痛症など多義にわたります。当院では点滴療法研究会の方針どおりの投与を行っており、目的としては皮膚疾患、皮膚状態の改善にあります。

ダイエット点滴

痩身補助となる、脂肪燃焼が効率的に上がる点滴内容です。主にカルニチン、ビタミンB群が含有しております。
ジムや自宅で運動されているかたには相乗効果となります。

点滴、注射、高濃度ビタミンCの効果、効能

ビタミンCの効果については上記のとおりです。その他、当院で使用している点滴、注射では美白、疲労回復、ビタミンをご用意しております。
また、グルタチオン療法、マイヤーズカクテルの導入もしました。

注射薬の副作用

どのような薬剤でも副作用はあります。それが必ずでてくるものというわけではありませんが、予想されるものについては事前にお伝えいたします。
一般的に副作用としてあるような薬疹の部類は、過去に同様の症状がない限り、使用してみなければわかりません。そのようなことを回避するために、事前にアレルギーなどの既往は必ずお伝えください。

点滴、注射の所要時間

点滴に要する時間は、投与するものにもよりますが、最短で30分、長くとも1時間30分です。ちなみに高濃度ビタミンC点滴は1時間を要します。
注射は約20mlをワンショットで注入するので、数分で終了します。

点滴、注射の治療の流れ

step01
診察、説明
まずはお悩みをお聞きして、また点滴、注射のメリットなどをお話しします。ご同意いただけたら点滴、注射にはいります。
step02
点滴・注射
点滴室でリクライニングにお座りいただき、血圧測定後、開始いたします。
針が刺さる時だけ痛みがあります。時間がかかるときは雑誌、お水などのお飲物をご一緒に。特に高濃度ビタミンC点滴の時はのどがかわきますので、お水をご用意いたします。
step03
終了
点滴終了しましたら、スタッフが抜針いたしますのでお待ちください。抜針したら終了となります。内容にもよりますが1~2週間に一度をおすすめしております。

点滴

疲労回復、美白、美肌、肌荒れ改善に効果のあるビタミン剤やプラセンタ等の有効成分を直接血管に注入することにより、有効成分がダイレクトに作用します。

点滴 1回 トライアルプラン
初回のみ
疲労回復 ¥5,940 -
ビタミン ¥4,320 -
にきび ¥4,320 -
美白 ¥4,860 -
美白MAX ¥8,100 ¥6,480
高濃度ビタミンC(25g) ¥16,200 ¥10,800
マイヤーズカクテル ¥7,560 -
グルタチオン療法 ¥7,560 -
高濃度ビタミンC+
ビタミンB群
¥21,600 ¥16,200
αリポ酸300mg ¥7,560 -
αリポ酸600mg ¥10,800 -
カルニチンダイエット点滴A
(カルニチン300mg)
¥8,640 -
カルニチンダイエット点滴B
(カルニチン500mg)
¥10,800 -
カルニチンダイエット点滴C
(カルニチン500mg+αリポ酸)
¥19,440 -

※グルタチオン6Aまでの価格、1A追加=540円

注射
  1回 トライアルプラン
初回のみ
疲労回復 ¥3,780 -
ビタミン ¥3,240 -
にきび ¥2,700 -
美白 ¥3,780 -
カウンセリング予約