ほくろ、いぼ、汗管腫はレーザー治療|横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

ほくろ、イボ

ほくろ、イボ

ほくろは『色素性母斑』といわれるもので、主体は母斑細胞という細胞の塊(写真矢印)です。存在するタイプにより異なりますが、表皮・真皮境界部から深部にかけて存在します。つまり、これらの細胞をすべてとりきらなければ再発します。特に毛の生えているほくろは毛穴の周りにこの母斑細胞があるため、再発しやすい傾向にあります。

一般的にイボといわれるものには、様々な病名があります。代表的なものは脂漏性角化症、稗瘤腫、汗管腫などです。とらなければまず、なくなりません。もちろん皮膚癌であることもありますので、しっかりとした診断、切除した際の病理検査は必須となります。

一度とったのに出てきた?

上記のとおり、ほくろはすべての細胞を取りきらなければ再発します。特にシミ取りのレーザーを照射している例がありますが、高確率で再発します。
またイボであればとりきれていなかったり、要注意は皮膚癌である可能性です。

<br />

皮膚癌も様々なタイプがあります。悪性黒色腫、悪性黒子、基底細胞癌、有棘細胞癌など。
当院ではこれらの疑いがある場合は皮膚生検、または一般病院へのご紹介を行っております。

ほくろ、いぼの治療法

ほくろ、イボの治療は大きく分けて2つです。①CO2レーザー②単純切除。どちらも局所麻酔の注射が必要となります。

  • ① CO2レーザーは蒸散させながら、ほくろ、イボを除去する方法です。ものによって、蒸散させる深さは違います。削ったあとは穴となりますが、これについては塗り薬などを使用しながら、約2~4週間かけて治していきます。時間はかかりますが、数年後の傷跡はほとんどわかりません。特に顔の例はきれいに治りやすいです。
  • ② 単純切除はメスで切除し、縫合する方法です。抜糸は5日~1週間後となります。抜糸後はテープを貼っていただきます。術後の処置が比較的、楽な方法です。

それぞれメリット、デメリットがあるので、よくご相談ください。

詳しくはCO2レーザーへ

とってからの経過、どれぐらいかかる?

CO2レーザー後、削れたものが戻るのは約1か月、その後しばらくピンク色の皮膚となり、数か月かけて周囲の皮膚と同化していきます。数年後にはほとんどどこにあったかわからないぐらいになります。

症例写真

治療法について

  • CO2レーザー
    お顔のほくろ、イボであれば傷跡が目立ちにくい方法です。それ以外にも汗管腫、黄色腫なども除去可能です。
カウンセリング予約