レーザートーニング、肝斑治療 | 横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

レーザートーニング仮

レーザートーニング施術の流れ

レーザートーニング施術の流れ

  • 医師が必ず照射
  • 照射前、スタッフによる洗顔・クレンジング
  • 照射後、肌ケア・整え

レーザートーニングとは

Medlight C6レーザートーニングは『Medlight C6』というレーザー機器でのみ可能なレーザー照射方法で、唯一、『肝斑』に有効なレーザー照射方法です。 今まで、肝斑に対して通常のレーザーは禁忌でしたが、このレーザートーニングは波長1064nmを使用、またエネルギー量を低くして1~2週間間隔で繰り返し照射していく方法です。弱いエネルギーを照射することで、メラニンを徐々に浮き上がらせる方法です。

また、エネルギーが一様に伝わるレーザーなので、照射後の色素の過剰な増強もみられません。これがMedlight C6によるレーザートーニングの特徴であり、この機器でしかできない照射方法です。 また、肝斑の治療に昔から処方されているビタミンCとトラネキサム酸の飲み薬も併用していきます。

※2015年・第25回日本美容皮膚科学会で『顔面の色素性病変に対するレーザートーニング治療の効果検討』をポスター発表。

対象となるお悩み

  • 肝斑がでてきた
  • くすみが気になる
  • 肝斑を効率的に早く改善したい
  • 毛穴の開きが気になる
  • 炎症後色素沈着がある
  • 顔全体・肌のトーンアップ

治療回数と間隔

レーザートーニングの平均治療回数は8~10回です。もちろん10回以上行うこともございます(肝斑や対象となるお悩み、ご本人の満足度によって増減いたします)。また治療間隔は原則1~2週間に一度としております。

レーザー後の経過、処置、注意

レーザー照射後、照射部位は全体的に赤みがでますが、すぐに軽快します。また毛穴に一致して赤いポチポチが(毛嚢炎)がでることがありますが数日で軽快します。11回の効果の差がごくわずかなので、ご自身では変化に気づかれないことは多々あります。しかし回数を重ねていくと明らかな差がでてきます。効果が実感できるのは平均して4、5回目からです。 照射した後のメイクは可能です。特に指定がない限り、特にご自宅での処置もありません。

テティス式肝斑治療、より効果をだすために

通常、レーザートーニングは飲み薬の併用を原則としています。また当院ではさらなる効果を求めてメソポレーションの併用をすすめております。併用による効果の出かたはレーザートーニング単体よりもはやい印象があります。

※レーザートーニングは色素の診断力とそれに対する照射技術が問われる治療です。当院は皮膚科専門医が診察、照射を行います。

詳しくはメソポレーションへ

肝斑とは

最近メディアで取り上げられる『肝斑』 。シミのなかでも特殊なもので、コントロールがなかなか難しい、ましてや消失なんて考えられなかったシミです。しかしレーザートーニングの出現で治療効果は一変しました。 隠れ肝斑、肝斑でないシミを肝斑と思っているなど、なかなか専門でも判断に悩むものもありますので、まずはご相談ください。

詳しくは肝斑へ

肝斑以外の効果

以下の方は、事前に医師とご相談下さい

  • 日焼け直後の方、施術後に日焼けをされる予定のある方
  • 希望部位に皮膚疾患をお持ちの方
  • 日光アレルギーの方
  • 妊娠中もしくは授乳中の方
  • てんかん発作の既往症の方

痛みは?

どういう痛みがありますか?
少々ストレスのあるチクチクとした痛みです。冷却をしながらおこなうことで多少緩和されます。
1、2回でしみへの効果は感じられますか?
レーザートーニングはそもそも強く治療ができない色素斑に対して行うソフトな治療です。治療効果の比較は4回以上行ってからとなります。
肝斑はレーザートーニングだけで十分ですか?
レーザートーニングを行う場合は原則内服が必要となります。また当院ではメソポレーションの併用をほぼ全例に行っており、改善速度のアップにつながっております。

レーザートーニングの料金一覧

レーザートーニング 1回 トライアルプラン
初回のみ
両頬~鼻 ¥8,640 ¥6,480 ※
全顔 ¥10,800 ¥8,640 ※
肝斑コース
(LT+メソ美白)
- ¥15,120 ※

※トライアルには飲み薬2週間分が含まれます。

カウンセリング予約