肝斑、レーザートーニング治療|横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

肝斑

最近メディアで取り上げられる『肝斑』。シミのなかでも特殊なもので、コントロールがなかなか難しい、ましてや消失なんて考えられなかったシミです。しかしレーザートーニングの出現で治療効果は一変しました。隠れ肝斑、肝斑でないシミを肝斑と思っているなど、なかなか専門でも判断に悩むものもありますので、まずは皮膚科専門医のいる当院にご相談ください。

※2015年・第25回日本美容皮膚科学会で『顔面の色素性病変に対するレーザートーニング治療の効果検討』をポスター発表。

肝斑とは?

『肝斑』

肝斑は、主に両頬に生じる左右対称性のべったりしている色素斑です。もちろん額、あご、鼻の下などにも出現します。30~40代の女性に多く、シミの30%は肝斑とも言われていいます。通常のシミ取りレーザーでは悪化するため、一般的にコントロールの難しいシミといわれてきました。またほかのシミと混在することが多く、判断に困る例も多数みられます。

原因は女性ホルモンといわれていますが、いまだにはっきりと原因はわかっていません。しかし閉経後に軽快することを考えると、やはりホルモンの関与はありそうです。また妊娠やピルが契機に発症するケースもあります。

肝斑を悪化させる原因

肝斑を悪化させる原因は、何にしても紫外線です。通常のシミと同じく色濃くなっていきます。また洗顔しすぎなどの外的刺激もよくありません。乾燥も悪化の要因です。また妊娠、ピル内服も増悪させる要因です。

肝斑と似ているシミ

肝斑に似ているシミはいくらでもあります。そのなかでも後天性メラノサイト―シス(ADM)、炎症後色素沈着、扁平母斑は鑑別にあがるものです。
ADMはシミの深さが深く、青~灰褐色調にみえます。発症は13歳以上と若くから発症します。
炎症後色素沈着は、色素ができる前に何かしら炎症が起こる原因が必ずあります。
扁平母斑 たいてい片側で、大きさの変化があまりみられません。

新しい肝斑治療、レーザートーニング

今まで肝斑の治療は主に飲み薬だけで、その他塗り薬、ピーリングなどありましたが、なかなか効果が一定ではありませんでした。しかしYAGレーザー『Medlight C6』による『レーザートーニング』は肝斑治療に明るい光をもたらしました。
レーザートーニングは通常シミ取りで使用する波長より長い波長1064nmを使用、さらにエネルギーを弱く照射することで、シミを穏やかに薄くしていく画期的な方法です。
施術後は、メイクも可能です、また痛みはゴムではじかられる軽い痛みは伴いますが、麻酔をすることはありません。冷やしながら行います
※当院では必ずレーザートーニング照射は医師が行います。

詳しくはレーザートーニングへ

肝斑とトラネキサム酸

以前から肝斑治療といえば『トラネキサム酸』です。
トラネキサム酸は『抗プラスミン作用』を持つ成分で、プラスミンは皮膚で色素を作る細胞(メラノサイト)を活性化させる因子の一つと考えられています。つまり活性化を阻害することでメラニンを出させないようにするものです。これは肝斑だけでなく、通常のシミに対しても使用できる理由です。予防という概念からいうと、シミ治療としてはレーザー、フォトフェイシャルと併用してほしいです。

最近では市販でもトラネキサム酸が含まれている飲み薬や化粧品が発売されております。もちろん当院でもビタミンCとともに飲み薬、塗り薬として処方、またメソポレーションや注射、点滴でも使用しております。
※プラスミンは一度固まった血液を溶解させる作用がありますので、この作用を抑制するトラネキサム酸は血栓ができやすいかたへの投与は控えさせてもらっています。

当院の肝斑治療

当院では肝斑にたいしてレーザートーニング+飲み薬をまず考えております。それに加えてメソポレーションの併用を推奨しております。治療期間は約1~2週に一度レーザートーニングを行い、平均8~10回施行しております(濃さ、反応により前後します)。ほとんどの症例で色素がうすくなる、消失することもあるのですが、再燃の高い色素斑なので、内服・メソポトーションの継続を推奨しております。

症例写真

治療法について

  • レーザートーニング
    注目の肝斑治療、肝斑に明るい光が見えました。
  • メソポレーション
    当院ではレーザートーニングの補助治療として、高い効果があることを確認しております。
  • 飲み薬
    ビタミンCをはじめ美白効果につながるお薬を処方します
  • 塗り薬
    美白剤、ビタミンCを中心としたものです。
カウンセリング予約