ヒアルロン酸注入|横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】でほうれい線、たるみ改善

神奈川、横浜でヒアルロン酸注入、ほうれい線、たるみ治療

神奈川、横浜でヒアルロン酸注入、ほうれい線、たるみ治療

ヒアルロン酸注入の目的

ヒアルロン酸は保湿成分として知られている馴染みのある成分ですが、皆さんがもつヒアルロン酸注入のイメージはいかがでしょうか?芸能人がやっている、整形、痛い、腫れる、皮下出血、高価、まだ必要ない・・・・などではないでしょうか?このようにマイナスイメージが多いヒアルロン酸注入なので、ご自身とは無縁のものと思われていませんか?

ヒアルロン酸注入、ほうれい線治療しかし、最近ではヒアルロン酸注入目的が明らかに変化し、現在では『たるみ治療』を考える上で、『ヒアルロン酸注入』は避けて通ることはできません。整形的な意味で使用するのではなく、自然なリフトアップのための有効手段となっているのです。 それは、老化により劣化した組織の補填、補強という目的でヒアルロン酸を用いることが、リフトアップへつながるのです。単純にほうれい線を気にしているかたにそのままほうれい線にヒアルロン酸を注入しただけでは、解決にはなりません。ほうれい線が目立つ理由は頬のたるみです。 だから頬のリフトアップとなるような部位にヒアルロン酸を注入することで、効果としてほうれい線が浅く、目立ちにくくなっていきます。その考え方がベースにあってのヒアルロン酸注入というわけです。

ヒアルロン酸注入はほうれい線、フェイスラインのたるみ、目の下のくまなどの原因となる部位へのアプローチを行い、バランスよくあくまでも自然な変化を引き出すことが可能な方法なのです。

ヒアルロン酸注入、対象となるお悩み

  • ほうれい線(長さ、深さ)
  • フェイスラインのたるみ
  • 頬全体のたるみ
  • 目の下のくま
  • 目周りのたるみ
  • 頬こけ
  • こめかみの凹み
  • あごの高さ、バランス
  • 疲れ顔
  • 手背のやせ

ヒアルロン酸注入、適応部位

  • ほうれい線
  • フェイスライン
  • 目の下
  • 目周り
  • こめかみ
  • あご、口周り
  • 手背

ヒアルロン酸注入の技術

“ヒアルロン酸注入”の満足度が高くなるポイントは①施術者の技術、デザイン予測②使用製剤③適度な使用量が主なものです。特に①は重要であり、皆さんも気になるところと思います。当院では国内外のドクターからあらゆるテクニックを取得、さらにそれをアレンジして注入を行うことで、現在では数多くの症例に携わってきています。もちろん注入技術だけでなく、解剖学的知識、年齢や肌質による効果の出かたの差を理解した上での施術なのです。多くのかたが望む『自然な仕上がり』を意識しながら、機能的な改善も併せて確実な効果が得られるように努めております。

ヒアルロン酸注入において世界的な名医であるDr.De Maio(写真右)や今泉スキンケアクリニック院長・今泉先生から直接技術指導をしていただいております。Dr.De Maioは顔全体のプランニングを行い、法令線、たるみ、あご、口周りなどのお悩みに対して、その原因にそった注入を行います(その典型がビスタシェイプ)。その方法は誰しもが望む『自然に』そして『効果のある変化』が導きだされます。テティス横濱美容皮膚科ではその考え方、ヒアルロン酸注入の技術を受け取り、皆様のお悩みにお答えいたしております。

ヒアルロン酸注入使用製剤、アラガン、ジュビダームビスタ、ボリューマ

ジュビダームビスタボリューマ、ウルトラプラスXC
ジュビダームビスタウルトラプラスXCおよびジュビダームビスタボリューマはを主に使用しております。2014年3月、顔面において、中等度から重度のしわや溝(鼻唇溝等)を修正するための製剤と国内で唯一製造販売承認を取得しているヒアルロン酸使用軟組織注入材です。 ジュビダームビスタボリューマは約1年以上の長期持続性、優れた形成性、ふくらみ過ぎない低吸収性、リフト力、優れた組織親和性が特徴です。当院ではこのボリューマを主軸にジュビダームビスタウルトラプラスXCを合わせて使用していきます。
ベロテロバランス
当院では支持組織の補強としてジュビダームシリーズを使用し、より表層の細かなポイントにベロテロバランスを使用します。

ヒアルロン酸注入の流れ

step01
ヒアルロン酸注入医師診察医師診察
問診票記入、洗顔後にたるみ、ほうれい線などのお悩みがヒアルロン酸注入の適応かどうか医師の診察があります。ヒアルロン酸注入について、またたるみ、ほうれい線について、また必要あれば他施術についてご説明いたします。
step02
注入部位確認と写真撮影注入部位の確認
お部屋を移動し、改めて注入部位の確認、術前評価のための写真を撮ります。
step03
ヒアルロン酸注入前の麻酔麻酔(テープ、クリームの場合は約40~60分)
ヒアルロン酸注入部位にクリームタイプの麻酔を塗布し、約60分間おきます。
step04
ヒアルロン酸注入ヒアルロン酸注入
塗布した麻酔をふき取り、ヒアルロン酸注入となります。基本的には座位の体制で行います。医師が皮膚を引っ張りテンションをかけながら、注入はゆっくり行っていきます。
step05
ヒアルロン酸注入終了後止血、冷却止血終了
すべて注入が終わった後は、止血を確認、スタッフから注入後注意点の説明があり、終了となります。

ヒアルロン酸注入後経過

ヒアルロン酸注入の経過ヒアルロン酸注入直後、やや腫れた感や圧迫感は(特に目の周り)すると思われますが、見た目でわかるボコボコ感は基本的にありません(もちろん注入部位を触ればわかります)。皮下出血は、針を刺す施術である以上は可能性がゼロというわけではありませんが、止血をしっかり行いながら施術にあたります。

リフトアップの効果は直後から体感することが多く、1か月後の状態はさらに引きあがった体感があります。なかなかご自身で立体的な変化を確認することが難しい(自分の姿は平面でしか見ることができないため)のですが、あくまでも自然かつ効果のある仕上がりを目指していきます。ヒアルロン酸製剤は体内で分解されていきますので、平均6か月~12か月ごとに再注入を検討します。ヒアルロン酸がなくなると余計に老けたり、たるみがくるということはありません。しかしそれを放置すれば、当然老化やたるみは進みます。 だからヒアルロン酸注入はリフトアップ目的とたるみの予防にもなっていると考えてよいと思います。

ヒアルロン酸注入時の痛みに対する緩和方法

やはり、痛みのイメージが強いヒアルロン酸注入ですが、痛みに対して麻酔クリームを使用します。また通常一般医療で使用する針よりも細い針を使用、部位によっては鈍針(先端の丸い針)でヒアルロン酸製剤を 注入していきます。麻酔クリームを使用しても痛みがある場合がありますが、その痛みの感じ方は鋭い痛みより圧迫感の痛み、違和感です。痛みの程度は個人差があり、全く痛みを感じないかたもいらっしゃいます。

副作用

皮下出血、しこり、肉芽腫、アレルギー、血管塞栓による皮膚壊死など

※あくまでも副作用は考えられるものであり、必ずでるものではありません。ご不安なかたは診察時、医師にご相談ください。

ヒアルロン酸注入、ほうれい線治療の症例写真

ヒアルロン酸注入症例写真

【施術】ヒアルロン酸注入(2ml) 【お悩み】たるみ、ほうれい線【施術日、回数】(左)2016.6月・施術前 (右)2016.7月・1回施術後

Q&A

ヒアルロン酸注入の痛みはそれぐらい続きますか?
注入時に感じる圧迫感の痛みが1週間程度継続することが稀にありますが、注入後の痛みはほぼありません。
ヒアルロン酸の効果はどれぐらいですか?
残念ながらヒアルロン酸は分解、吸収され、効果の持続は半年~1年です。しかしヒアルロン酸がなくなることも実はメリットです。それは分解、吸収された直後、つまり半年~1年後に完全に元の状態にもどるわけではない(ヒアルロン酸があったことで周囲組織が変化している)ので、その状態でさらに改善することも可能だからです。満足する状態を続けたい場合、ヒアルロン酸注入の継続は必須です。
その他施術はいつから可能ですか?
当院ではヒアルロン酸注入後1週間後から他施術可能としております。詳細は診察時にお伝えします。

ヒアルロン酸注入の料金一覧

ヒアルロン酸 1回
ジュビダームビスタ
ウルトラプラス 1ml
¥68,040
ジュビダームビスタ
ボリューマ 1ml
¥97,200
ベロテロバランス 1ml ¥64,800

カウンセリング予約