ボトックス注射、しわ治療|横浜・桜木町の【テティス横濱美容皮膚科】

神奈川、横浜でボトックス注射、しわとり、しわ改善、わき汗、小顔

目じり・眉間・額のしわにボトックス注射。神奈川・横浜、テティス横濱美容皮膚科。

ボトックス注射とは

ボトックスビスタ、しわとりボトックス注射で使用する製剤の有効成分ボツリヌストキシンは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種です。ボトックス注射は注射部位の神経と筋肉の間の信号をブロックすることで、筋肉の収縮を弱めるものであり、美容においては“表情に伴うしわ”に対する適応があります。また、 多汗症の治療や眼科、神経内科の領域で、眼瞼・顔面痙攣などの治療に用いられています。

アメリカでは、アラガン社が製造したボツリヌストキシン「ボトックス(商品名)」が眉間のしわ治療薬としてFDA(米食品医薬品局)で認可され、その安全性・効果性はすでに確立しており、10年以上の歴史があります。日本においてもボトックスビスタが眉間、目尻のしわに対しての治療薬として厚生労働省より承認もされています。ボトックス注射は 比較的安全な施術で、持続期間もある程度期待できる美容方法なので、世界はもちろん日本国内でも人気の治療です。

アラガン社製ボトックスビスタ

当院はアラガン社の製品を使用しています。厳密にボトックスと呼べるのはアラガン社の製品だけです。ボトックスビスタを使用のクリニックはアラガン社専属の医師から技術指導、トレーニングを受けており、正式に認定されております。また 当院では、アラガン社専属の認定指導医(横浜ではもちろん神奈川県で一人)が施術にあたります

今泉先生、Ava先生のボトックス実技講習

Dr.AVA・・ハリウッドでセレブご用達の美容クリニックを手掛けるドクター  今泉先生・・今泉スキンケアクリニック、院長

ボトックス注射の適応部位

表情じわ(額、眉間、目じり、あご)

ボトックス注射は主に額、眉間、目じり、あごにでる表情に伴う(笑う、起こる、驚く、しかめるなど)動的な"しわ"に有効です。このようなしわは普段、自分では気づかないことが多く、意識することは少ないです。だから、気づかないでいると『溝』となり、常時ある深い、長い、数の多いしわ、となります。溝となったしわになる前にボトックス注射始めておくことでしわの予防対策にもなるのがボトックス注射の秘めた効果でもあるのです。

小顔・エラはり

小顔、エラボトックスはいわゆる"エラ"がはっている状態に適応があります。エラがはる原因は、寝ている時の歯ぎしりや筋トレ、スポーツ時にくいしばる時、そして硬いものをよく食べるかたに現れる咬筋肥大が原因です。咬筋肥大している例にボトックス注射をすることで、筋萎縮を狙い、咬筋肥大を軽減させる方法です。歯ぎしりが強いかたは、その症状自体が軽減し喜ばれることが多いです。ちなみに骨格的に突出している例は適応になりません。

リフトアップ、フェイスラインたるみ

微量のボトックスを皮膚浅層に多数注射するマイクロボトックスリフトです。特にフェイスライン、顎から首に注射し、法令線、フェイスライン、口周りのたるみ解消、リフトアップが期待できます。

多汗症、わき汗

頭、わき、手のひら、足の多量の汗の分泌を軽減させる方法です。ボトックスを注射することで発汗を一時的に抑制します。1シーズンの持続性がありますので、夏場気になる方はその前に、さらに冬、厚着をする、暖房のきいている部屋にいて汗をかくことが多いかたは、年2回受けることをおススメします。

ボトックス注射の施術の流れ

step01
医師診察
問診票記入後、医師診察となります。お悩みをお聞きし、ボトックス注射の適応か医師が判断、治療のご提案をします。ご同意いただけましたら、同意書記入の上施術へうつります。
step02
どの部位に注入するか診察
施術部屋へ移動していただきます。お化粧を落とした状態で、どの部位にボトックスを注射するか決めていきます。そして施術へうつります。
step03
麻酔(クリーム、テープ)(約60分)
ほとんどのかたが冷却のみで注射を行っていますので、省くことがほとんどです。
step04
ボトックス注射(一部位約5分)
いよいよボトックス注射です。基本は冷却をしながら注射となります。部位により時間は様々です。
step05
終了
微小出血などを圧迫止血したら、施術後の経過をスタッフからお伝えし終了となります。

ボトックス注射後の経過

しわとりのボトックス注射の場合、注射して数日以内に効果を実感できますが、効果のピークは1~2週間経過してからです。その後同じ状態が続き、初回は3~4ヶ月目ぐらいからしわが入りやすくなります。完全に戻る(ボトックス注射の効果がゼロとなる)のが平均半年です。しかしボトックス注射の回数を重ねていくと効果の持続が長くなる印象がありますが、ボトックス注射は4か月前後に行うことがベストです。


小顔、エラボトックス注射後の経過は2週間~1か月で効果を実感することが多いです。注入直後は食事、特に硬い肉、ガムをかむ時にかむ力が弱るので疲労感が出る場合があります。その症状は数週間で消失します。効果の持続は個人差があるのですが、約半年です。歯ぎしり予防、くいしばり予防の場合は4~6か月おきにボトックス注入をおすすめしています。

ボトックス注射後に起こりうる副作用

ボトックス注射後起こりうるものは、皮下出血です。筋肉は出血しやすい組織ですので、微小なものもふくめて出血がないということはありえません。しかし皮下出血しやすい部位もあるので、注意深く注射していきます。もっとも重篤な副作用は眼瞼下垂です。これは眉間の注入の際に上眼瞼挙筋にボトックスが作用してしまうと生じやすくなります(ほとんどまれです)。また額のボトックス注射の際、額を使用して目を見開いている方は特にボトックスが強く作用すると、まぶたが重く感じることがあります。いずれの症状も時間とともに解消していきます。ちなみに致死量といわれるボトックスの量は、通常しわとりで使用する量の200倍以上です。美容の範囲でまず、全身的な影響が出ることはありません。

ボトックス注射、しわ治療症例写真

症例1 
【施術】ボトックス注射(目じり)【お悩み】目じりのしわ【施術日、回数】(左)2017.6月・施術前(右) 2017.7月・施術後
(両方とも笑った表情です)

目じり、眉間、額、小顔のボトックス注射前後

症例2
【施術】ボトックス注射(額)【お悩み】額のしわ【施術日、回数】(左)2014.1月・施術前(右) 2017.7月・施術後
(両方とも額をよせてます)

目じり、眉間、額、小顔のボトックス注射前後

症例3
【施術】ボトックス注射(眉間)【お悩み】眉間のしわ【施術日、回数】(左)2017.10月・施術前(右) 2017.11月・施術後
(両方とも眉間にしわをよせてます)

目じり、眉間、額、小顔のボトックス注射前後

その他ボトックス注射の症例写真はこちら

症例動画

ボトックス注射ができない、要注意なかた

重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、妊娠、授乳中、本剤アレルギー経験者、アミノグリコシド系抗生物質、Caチャンネル阻害薬、抗凝固薬内服中、重症な心・肝・腎疾患、注射部位の感染症、医師が適応でないと判断した例

ボトックスの質問と答え

インターネットで不自然な顔になると書いてありますが、本当ですか?
ボトックス注射は適切な部位に適切な量を使用すれば、不自然な顔にはなりません。確かに今まで動いていた筋肉が抑えられるので、自覚的にこわばったと感じることもありますが、あくまでも自然な経過となるように注入していきます。
表情を作らなくても、すでにあるしわに有効ですか?
すでに溝となっているしわそのものへの効果は薄いですが、ボトックス注射を繰り返すことで浅くなっていきます。またこのような場合は、ヒアルロ酸注射など併用をするとより早く効果を実感することができます。
どのクリニックでも同じ製剤を使用しているのですか?
いいえ、クリニックによってメーカーが異なることがあります。多くはアラガン社製ボトックスビスタを使用していると思いますが、気になるようでしたらお問い合わせください。

ボトックス注射の症例写真はこちら

ボトックス注射の料金一覧

部位 1回
¥32,400
眉間 ¥32,400
目じり ¥32,400
口角 ¥12,960
小顔 ¥59,400
あご ¥12,960
多汗症 ¥64,800
B-line ¥12,960

トライアルプラン

部位 トライアルプラン
初回のみ
¥30,240
眉間 ¥30,240
目じり ¥30,240
小顔 ¥43,200
多汗症 ¥43,200
カウンセリング予約