神奈川、横浜でサブシジョン、にきび跡治療

神奈川、横浜でサブシジョン、にきび跡治療

サブシジョン(subcision)とは

サブシジョンとは、凹みを伴うにきび跡(特にローリング型、ボックス型)に対して行う治療です。にきびによる過度の炎症が繰り返されると、皮膚内の真皮層や脂肪層には、『線維化』という微細な瘢痕が出来上がります。線維化となった部位はなかなか置き換わることができなく、そして周囲の組織を引っ張るため、凹みを伴うにきび跡が形成されます。その線維化している部位を特殊な針を使用し剥離していくことで、にきび跡の凹みを改善していく治療がサブシジョンです。ダーマペンやフラクショナルレーザーでは改善しにくにきび跡に有効と考えています。ダーマペンやフラクショナルレーザーのリスクとしてある炎症後色素沈着がほぼないというメリットもあります。

サブシジョン(subcision)とは

対象となるお悩み

  • 凹みを伴うにきび跡
  • 溝となったしわ
  • 凹みを伴う傷跡

にきび跡以外への応用

にきび跡以外への応用にきび跡以外への応用として、額の深く溝となったしわや凹みを伴う傷跡などがあります。にきび跡と同じように真皮コラーゲン層~脂肪層の線維化、固着が考えられる状態は適応となります。

サブシジョンと併用推奨治療

サブシジョンは、真皮~脂肪層の線維化や固着を剥離する方法なので、その後におこる創傷治癒が促進しやすい環境にあると、なお効果が高まります。主に推奨するのは、サブシジョンを行う時にヒアルロン酸やリジュランなどの成分を剥離した部位に入れることです。これらは単純な穴埋めではなく、真皮層などの線維成分が正常に回復するために同時に投与します。

サブシジョンの回数と間隔

サブシジョンの回数と間隔サブシジョンの平均治療回数は3~5回が平均ですが、これ以上行う事もあります。また治療間隔は、施術後の創傷治癒の時間も考えて1.5か月以上あけるのが望ましいです。

サブシジョン施術の流れ

step01
サブシジョン前の医師診察医師診察
洗顔後、施術室へ移動、初診時に説明した内容に相違ないかを確認。
step02
サブシジョン局所麻酔
注入箇所のマーキングを行い、注射による麻酔を行います。
step03
サブシジョンサブシジョン
麻酔後、サブシジョンを行う部位に針で穿孔、穿孔部位から鈍針を挿入して皮膚内の剥離を行います。
step04
 
サブシジョン後止血サブシジョン後の止血
施術後、穿孔部の止血を確認、注意事項など説明、終了となります。

副作用

内出血(ほぼ必発です)、腫れ、赤み、鈍痛、感染など。

     

※あくまでも副作用は考えられるものであり、必ずでるものではありません。ご不安なかたは診察時、医師にご相談ください。

Q&A

ダーマペンとの併用は可能でしょうか?
基本的には、別日での併用は可能です。同日に行う場合は、医師の判断になります。
サブシジョン1回でも効果は感じますか?
サブシジョン1回目から効果を感じることもありますが、基本的に複数回行っての評価となります。
アイスピック型のにきび跡にも効果はありますか?
アイスピック型にきび跡は難治性で、サブシジョンを行った上で、その他の施術を併用する事が一般的です。

症例写真

料金一覧

サブシジョン 1回
両頬 ¥33,000
こめかみ ¥24,200
¥24,200
ポイント(3㎝以内) ¥22,000